「Rhythm of nature」vol.2 Leona 2018 春夏カタログで書かせていただいた記事公開しました。

「Rhythm of nature」 vol.2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自然と街、双方でヘルシーな時間を送る人のためのライフスタイルブランド「Leona 2018 春夏カタログ」で書かせていただいた、記事vol.2です。
今思うと、セラピストになるきっかけのひとつでもああった、ハワイ島を旅した時の話。
よかったら、一読いただけましたら。

「Rhythm of nature」 vol.1 はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その日の夜、ロミロミを受けることに。
トリートメント後に、セラピストさんからフィードバックを受けました。

「自分の感受性を犠牲にしないでね。育った環境からできたものだけでなく、あなたが生まれ持った大切なもの。前世で魔女(ハーブで薬を作るような人)だったことがあるから、そういう仕事につくのでは?」

悲しくもないのに涙が止まらず、自分が浄化されていると感じました。
今思えばこの頃は、感じること をしばらく閉ざしていたかもしれません。

この時、「その様な仕事をする事はこの先もありません。」
と答えた私は、数年後自分がセラピストになるとは夢にも思っていませんでした。(笑)

次の日、マウナケア山頂に日の出を見に向かいました。
向かう途中の車の中で、ツアーガイドさんに、ハワイ島に来てから毎日の様に些細な出来事で感動していると伝えました。

ドライバーさんは 「きっとハワイ島に呼ばれてたんだね。」と言ったあと、
「ここの人は自然に感謝して、自然の流れに逆らわずに生活しているからみんなとても大らかなんだよ。」と。

なんだかハッとして。仕事もあるし自分のライフスタイルを変えるのはなかなか難しいけど、
自然のリズムを感じずに過ごしたり、長い間自分のカラダの声に耳を傾けずに過ごしてきたことにようやく気がつきました。

山頂について、朝日を見た私は、感動して涙を流しました。
自分の足で一生懸命登ったわけでもないのに、感動している自分を不思議にも思いましたが、
自然が美しいことや、自分の心が動くことに理由は必要ありませんでした。
その頃には、頭で考えず、素直に感じることを優先できるくらい自然体の自分に戻っていたのかもしれません。

予定どおり、毎日ビーサンで夕日を見て過ごしていた私は、気がついたらカラダの調子も良くなっていました。

イルカが人を癒したり、人を笑顔にする不思議なパワーを持っているのは知っていましたが、
自然に触れたり、人に出会ったり、カラダに良い食事をとってのんびり過ごすことで、自然体の自分に戻り、ココロやカラダが元気になることをとても体感した旅となりました。

旅でその土地のエネルギーに触れることによって、自分のエネルギーが変化し、滞ったものが動き出すことも良くあることだと小野います。

普段、「こうしなきゃ。」「私にはできなかった。」と何かと自分に厳しい私たちは、時として今まで蓋をしていたものに直面し、溢れ出すこともあるかもしれません。

なぜか自分では動き出せない時、エネルギーの滞りを感じる時、自分の好きな土地へ旅に出て、サーフィンしたり、自然や人に触れたり、カラダに良い食事、ヨガ、トリートメント受けたり、ゆったりと過ごす時間を持つこともとても大切だと思います。

それによって、何かが動き出したり、自分を知るきっかけになる事もあるかと思います。

実際、2回目のハワイ島の旅の後、一緒に行ったお友達は長年決めかねていた事を決断しましたし、私は自分自身の変化に気づく事になりました。

ハワイ島は変わりない大自然の景色でした。

そして今回のハワイ島行きを決める前、「ハワイ島でイルカと泳ぐ」と新月のアファメーションに書いていた私とお友達。(笑)
もちろん、イルカと一緒に泳ぐ事もできました。

自然の流れにそったタイミングで、自分の潜在意識に働きかける事もオススメです♪♪

—————————-
LEONA
WEB:http://www.leona-love.com/
Instagram:leona_surf leona_surf_fitness
—————————-

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です